プライベートバンク

 
 
一般的な商業用の銀行とは違い、富裕層・超富裕層向けに資産管理・運用を行う銀行です。
スイスをはじめとしたヨーロッパにおいて誕生した銀行の一形態です。
 
 
日本人には想像がつきにくいことですが、信託・財団設立・オフショア法人設立といった
伝統的なプライベートバンクの資産管理手法を用いることで、数億・数十億の相続税を
節税することが可能になります。
 
 
銀行自身がリスクがほぼない業務しか扱わず、倒産リスクが皆無であるのが他の金融機関との
最大の違い・特長であり、また、いたずらに規模の拡大を追わず、こじんまりとした経営規模が一般的です。
 
 
顧客対象は、主に世界中の王族や貴族を含む超富裕層・富裕層であり、業務の内容としては、
資産保全や資産運用があります。
 
 
実態として、そうした富裕層が『個人的に利用する銀行』であるという意味で
『私的な銀行』という意味でプライベートバンクと言われる所以もあります。
 
 
プライベートバンクと言っても『多少利率の良い銀行』『節税効果のある銀行』程度のものではなく、
平時・非常時に関わらず国家の不条理、つまりは『政治的リスク』から顧客の資産を守るという姿勢は、
プライベートバンクをおいて他にはあり得ません。
 
 
プライベートバンクでは、1億円以上からの預かりを基本とし、預かり前に綿密な打ち合わせをします。
 
 

メールでのお問合せはこちらから