FP(ファイナンシャルプランナー)の仕事って?

こんばんは。
茅野は昨日・今日と非常に涼しく、早くも秋の訪れを感じます。

さて、なぜ私が保険の見直しに注力し、度々ブログでも取り上げるのかを話します。

少しでも家計を豊かにしたいとの思いは、皆様共通だと思います。
『でも、節約したぐらいで大した効果はないよ!』と思われていたあなた。
そんなことはありません。
どの支出を見直すか、どの様に見直すかで大きく結果は違ってきます。FPの使命というのは、お客様の夢や願望実現の”ため”のお手伝いをすることです。

どんな人生を送りたいか。
こういった様々な願望を実現するために、ライフプランを作成するお手伝いをし、
特に資金面でのアドバイスをするのが我々の使命だと思います。

叶えたい夢は?
住まいの形態は?
家族とはどんな時間を過ごしたい?
お子さんにどんな風に育ってってほしい?
どんな老後を過ごしたい?

その願望実現のための”手段”として、最終的に金融商品を案内するのであり、
特定の金融商品を売らんがためのセールスマンではありません。

医者の世界で例えるなら、FPは病気を診断し処方箋を出す人であり、
薬のセールスマンとは違うということです。

そういう意味において保険の見直しをすることが資金面での影響が最も大きいので、
力を入れざるを得ないという結論に至ります。

言うまでもありませんが、生命保険は住宅に次ぐ高額な買い物です。
一般に、総支払額で500万~1,500万円、更新型だと700万~2,500万円以上に
なる場合もあるぐらいです。

この生命保険・医療保険を個々の家計に合わせて、適正化することで、
数百万円の無駄な保険料負担を取り除くことも可能なのです。

この家計の適正化をお手伝いするのが、FPの仕事なのです。
しかもこの分野はFPの力量によって、大きな差が生じる領域と言えるでしょう。

皆さん保険に限らず、預金・財形・積立・投資・ローンなど、
様々金融商品の利用をされていると思います。

あなたが知らないだけで、もっと願望実現・目標達成に近道な手段が
あるかもしれません。

最も早く大阪から東京へ行くとして、あなたは歩いて行きますか?
自転車ですか? 車ですか? 新幹線ですか? 飛行機ですか?
目的からの逆算で、最適な手段を選んでください。

不安や疑問がありましたら、一度セカンドオピニオンを受けられてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 金融全般

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから