老後の自分年金作り

 
老後の年金の話になった時、不思議と共通していることがあります。
老後の収入源として国の年金や会社の退職金は計算に入れますか?
と聞くと、今まで100%の方が
 
『あてにしていないので、計算に入れないでください』
 
と言われます。
1人くらいあてにしてもいいのにと思うのですが、見事に100%でした。
ブログを読まれている皆さんも同じ意見をお持ちでしょうか?
 
例えば現在30歳の夫婦で65歳定年、その後夫婦のセカンドライフが20年続いて、
月々の生活費が25万円かかる場合、以下の様な計算になります。
 
25万円×12ヶ月×20年=6,000万円
 
働ける期間があと35年あるので、6,000万円を35年で割ると、
金利を考慮しない場合で月に14万円貯めていければ目標の6,000万円に到達します。

 
なかなかの金額ですね~。
仮に老後の生活費を20万円と仮定しても、月に11万円貯めていかないと必要な金額貯まりません。
果たしてどれだけの方が実際に実行をし、準備をされているのでしょうか?
 
お金を貯めるコツはいくつかあるのですが、もっとも効果の高いものは
『思い立ったらすぐ始める』ということです。
 
5千円でも1万円でも、とにかく始めること。
始めなければいくら思いがあっても現実には1円も貯まりません。
 
そして次に少しでも高い金利のところで預ける』こと。
金利は言わば人間でいうところの時給のようなもです。
 
誰でも同じ働くなら、少しでも時給高い方がいいですよね。
800円よりも1,000円、1,000円よりも1,500円と。
 
そしたら金利もなるべく高く、0.1%より0.5%、0.5%より1%と、
少しでも時給の高いところで働かせてあげてください。
その方がお金のモチベーションもあがりますよ。
 
これを習慣化していけば、ゴール到達も夢ではありません。
まだ何もやれていない・・・ と悲観することなく、これから始めればいいんだ!という気持ちで
ぜひスタートしてみてください。
 
 

カテゴリー: お知らせ,金融全般

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから