外貨を持たないリスク

こんばんは。
本日のご相談は、貯蓄に関してのものでした。
資産を守るための保障はしっかり準備をされているので、
次のステップとして利回りの良い貯蓄方法をお伝えしました。

3タイプの外貨建ての商品をご案内しているのですが、
どれも円建ではあり得ない様な利回りを実現してくれます。

もちろんドル建のため為替の変動リスクは負うのですが、
ドルベースではかなりの利回りをたたき出してくれます。

ただこの為替リスクも、月々の積立にすることで相当軽減することができ、
実質的には考えなくても良いくらいだと思っています。

もっと言ってしまうと、実は円だけで資産を持っていること自体、
為替のリスクをもろに被る
ことになります。

我々の生活にはもはや輸入品は欠かせない物になっています。
例えばガソリンや食料品など。

そういった輸入品は当然のごとく為替の影響を受けますので、
円安になれば購入費用は高くなっていきます。

仮にですが円安が進んでいきガソリンの輸入費が高まれば、
日々のガソリン代に影響するだけではなく様々輸送コストにも影響するので、
物価も上がっていくことでしょう。

この様に少し考えただけでも、為替の影響というのは日々の生活に密着するもので、
決して遠いどこかの国のお話ではありません。
日本が鎖国していれば為替は完全無視でいいんですけどね(笑)

こういった理由からも、資産の何割かを外貨(特に米ドル)で持つことを推奨しています。

“外貨を持たないことにも為替リスクがある”

このことをよく理解しておいてください。

カテゴリー: 金融全般

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから