お金は貯めたい、でも数字は苦手?<数字と数学の違い>

お金は貯めたい、でも数字は苦手。
現場でよく聞く言葉です。
それは事実ですか?
もしかすると、あなたの思い込みではないですか?

お金のことを考える時
嫌でもそこに数字は登場します。

でもそこに登場する数字って、0~9までの
小学校で習った数字じゃないですか?

あと特段難しい計算式も使いません。
せいぜい+-×÷の足す・引く・かける・割ると、率を計算する%です。
これらも全て、小学校で学ぶレベルです。

多くの方が誤解していますが
中学校以上の数学は使いません。
微分積分も、ルートも。

では何故数字は苦手を敬遠するのか。
皆さんの本音を探ると、ここが一番多い。
それは「事実を見たくない」です。

数字は事実を教えてくれます。
それは時には厳しいことでもあります。
ですが、その事実から目を背けていては何も始まらない。

まずは事実を直視し、現在地の確認をした上で
向かって行きたい方向を決め、歩みを進めていく。

地味ながらも、これしか資産形成の道はありません。
一発逆転や、美味しい話しなんて転がっていません。

事実から目を反らさず、やるべきことに取り組んで
ぜひ願望を実現してってほしいと思います。

貯蓄相談は、初回は無料にて行っております。
ご依頼はこちらよりお願いします。
⇒ お問い合わせ

カテゴリー: ブログ,金融全般

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから