保険相談21

こんばんは。
松本で保険相談を承ってました。

いろんな会社から加入をされて何年も経ち、
その間に家族構成も変わり今の保障内容で合ってるかのご相談でした。

保険によっては全く同じものが他社だと半額で加入できたり、
同じ月の支払いでも保障の内容が厚くなったりと、かなり良くなりそうです。

保険の仕事をされている方の中にはこう言われる方もいます。
『保険で大切なのは商品じゃない。どんなプランナーに担当してもらうかだ!』と。

それももちろん大切ことだと思いますし、否定する気もありません。
ですがどうでしょう。

全く同じものが他社では半額で加入できる。
同じ金額支払うなら遙かに内容を充実させることができる。

その様なことを知っていてなお、その担当者は良心の呵責なく、
自社の商品を胸を張って提案できるのでしょうか?

少なくとも私にはできませんでした。
過去何度も、自分が所属するところの商品よりも優れたものを紹介してきました。

より成長しよう、お客様の役に立つために学ぼうと研鑽するごとに、
自社の商品より優れたものと出合い、葛藤する日々でした。

自分がお客様の支持を頂きたいなら、目指すところは明確です。
お客様の利益のために考え・行動する、です。

販売する側からではなく、お客様の立場に身を置いた時、
自分ならどういう提案をされたいのかが分かると思います。

○○電器商店や△△電気店ではなく、なぜヤマダ電機の様な量販店が支持されるのか、
それを考えればお客様が本当に求めているものが見えてくると思います。

『中立・公平な立場で、自分たちの側に身を置き、
 数ある商品から最も優れたもの自分たちに合うものを教えてくれる』

シンプルに考えれば、誰もが望む当たり前のことではないでしょうか?
私は単純にその当たり前をやっているだけです。

今後もこの基本精神を忘れず、一つ一つの接点を大切にしていきます。

カテゴリー: 保険

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから