保険相談19

こんばんは。
今日はふとした会話から、保険の相談となりました。

その方は自営をされているのですが、
現在保険には何も加入はされていません。

以前加入していた時期はあったのですが、
必要性を感じなくなり止めたそうです。

そんな中、自分が働けなくなったら困るかな・・・ との
不安を持たれるようになり、今回話に至りました。

どんな時に経済的に困るのか、その困る状況に対してどんな備えができるか、
様々お話しさせて頂きました。

目的からの逆算思考で考えるということが新鮮だったようで、
考え方がスッキリした!と喜ばれました。

今後の保険選びのノウハウとして、参考になればと思います。

そして目的からの逆算思考ですが、例えばこういったことです。

皆さん老後の生活費は月々いくら必要ですか?  >>例えば20万円
そして何歳まで仕事はできそうですか?     >>例えば65歳
平均寿命はご存知ですか?           >>男性79歳、女性86歳

そうすると、平均寿命まで生きると仮定すると、
月20万円×12ヶ月×21年(女性の場合)=5,040万円

年金をあてにするならここから引くことが出来ますが、どうしますか?
>>これを聞くと、今までは100%全員があてにしないと答えました(笑)

結論。逆算思考の結果、65歳時点で5,040万円が貯まっていないと設計が
成り立たないということになりました。

これがもし35歳の方であれば、65歳まで30年間あるので、
5,040万円÷30年=168万円 ⇒ 月14万円
となり、毎月14万円を貯めていけば目標額に達します。

・・・果たしてどれだけの方が月14万円の貯蓄ができるのでしょうか?

もしこれが、毎年5%でも利息をつけることができれば、
月の積立額は半分の6万円で、30年後に5,000万円貯めることが出来ます。

金利あるのとないのとでは、どちらの方が効率が良いのでしょうか?

一目瞭然ですね。
金利を味方に付けた方が、遙かに有利です。
それも単利ではなく複利での運用が基本です。

こういった金融知識を身につけていくことが、
出ていくお金が減り、貯まっていくお金がどんどん増えていきます。

知識を身につけたいという方は、私が主催するマネーセミナーへご参加ください。
きっと役に立つと思います。 

カテゴリー: 保険

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから