保険業界の未来

こんばんは。
大阪でFPをしている友人とランチを取りました。

201011201259000.jpg

オススメの韓国料理屋さんで海鮮チゲを頂きました。
辛口で美味しかったです。

会社経営や保険業界の未来について語り合いました。
保険業界の未来については、概ね同じ意見でした。

『ネット通販』と『多数社取り扱いのFP』の二極化という考えです。

利便性でネットで選ぶ人と、面談をして専門家の意見を聞き選ぶ人。
ちなみに保険料はどっちが安いとも一概には言い難いです。

保険は金融庁の認可商品なので、どういった経路で加入しようとも、
同じ内容なら同じ保険料になります。

ネット通販の方が安いと思われがちなのですが、
意外にネットの方が高い場合もあり、これも一概に言えません。
個別に見ていかなければどちらが有利とも言えません。

現在の傾向性としては、1社専属のいわゆる○○生命のセールスレディの会社は
減収減益で右下下がりです。日本の漢字生保ですね。

私は30社近い保険会社とコネクションがあり、比較できるので分かりますが、
はっきり言って漢字生保の商品には全く優位性がありません。

同じ商品なら、他社の方がほぼ間違いなく安いし内容が優れています。
よくこんなのが売れるな・・・ というのが正直な感想です。

ですのでこういった商品の売れ方は決まってます。
保険の知識がない無知なお客さんに保険とはこういうものだと言って売るか、
知人縁者に縁故募集をするか。

情報がなかなか手に入らない時代ならまだしも、
今はネットや雑誌で誰もが簡単に情報が手に入る時代です。

いつまで消費者を欺き続けるのでしょうか?
今のままだと数十年後には会社がなくなっていますよ、○○生命さん。

家電の売れ方が保険業界の先を行っていると思います。
ネットの比較サイト経由と、ヤマダ電器の様な量販店経由との二極化です。

お客さんにとって有利な方へと変化していってもらいたいと願います。

カテゴリー: 保険

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから