保険相談2

今日も保険の見直し相談からの申し込み手続きでした。
20代の夫婦で、第一子誕生による加入保険の見直し。

奥様とは長年のお付き合いで独身の頃から保険を見させてもらってたのですが、
やはりお子さんが産まれたことで、これまでとは違う『責任』を感じておられる
様子でした。

相談のきっかけは良くある『学資保険のことで・・・』だったのですが、
ただ学資保険を足すだけでは当然純粋な掛け金の上乗せになってしまうので、
既存の保険も合わせて見直し、なるべく上乗せが少なくなるように工夫を。

ここで学資保険選びで大切なポイントを一つ。

学資保険の主たる目的は『お子さんの学資金の準備』だと思います。
早い話がお金を貯めるということですね。

ここで一つ質問。

『貯まる』と『殖える』は同じでしょうか?

答えはNOですよね。

例えばお子さん0歳から18歳まで毎月1万円支払い、
満期で200万円受け取れれば、これは貯まっているといえます。
しかし18年間の支払い総額は216万円になるので、
殖えてはいませんよね。

ここで更に注意点を一つ。

上記の様な例を金融用語で『元本割れ』というのですが、
巷の保険屋さんは『これには保障が付いているから仕方ないの!』と迫ってきます。
保障が付いてる、というのは嘘ではありませんが、これだけ自由に商品が選べる
時代にあって、何もわざわざ元本割れする商品を選ぶ必要はありません。

医療保障がついている場合も然りです。
その医療保障を積立部分と分けて考え、より効率良く貯める方が、
ファイナンシャルプランニングの観点からは優秀とされます。

皆様のご担当の保険屋さんに疑問を持ったら、
いつでも保険のセカンドオピニオンにいらしてください。

カテゴリー: 保険

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから