FPによる医療保険相談<医療保険の必要性>

 

 
生命保険のカテゴリーに医療保険があります。
病気やケガに備える保険です。
 
入院一日いくらもらえるだとか、ガンになって一時金がいくらもらえるというやつです。
病気やケガのニーズは比較的顕在化しているせいもあり、問い合わせも多く頂きます。
私のお客様でも多くの方(ほとんどの方?)が加入されています。
 
しかしこの医療保険、必要性はどの程度のものでしょうか。
私の考えでは、資産を築く課程で補助的に準備するもので、
資産が構築できれば加入しなくても良いものと考えています。
 
このことはお客様にもそのままお伝えしています。
保険の仕事をしていて将来解約する前提で話しをする人も珍しいと思いますが(笑)
 
日本の健康保険制度には『高額療養費制度』というものがあり、
収入にもよりますが、一般的な家庭で月におよそ8万円を超える医療費は、
ほとんどかからなくなります。
 
大手企業にお勤めで福利厚生制度があると、月に4万円を超えると補助が出るところもあります。
こういった制度をうまく活用すると、入院や手術で治療をしても、それほどの出費はありません。
 
しかし自営の方は会社員の方に比べると保障が薄いので、保険も必要性は増すと思います。
自営の方は医療保険に加えて損保の『所得補償保険』があると良いでしょう。
会社員の方にはある『傷病手当』が自営にはないので、傷病手当の代わりになってくれます。
 
そういった諸々の理由から、医療保険はお金がある人にとっては不要だとも思います。
しかしながらガン保険は少し意味が違ってきます。
 
ガンの治療は一時に多く治療費がかかるということは少なく、
どちらかといえば薄く長くかかることが多くなってきています。
すぐに死んでしまうことが減った分、治療が長期化し、お金がかかる時代です。
 
先ほどの高額療養費制度も月に8万円を超えない部分は自腹になるのですが、
この8万円の医療費が何年も続いたとしたら、かなり家計に響いてきます。
 
ですので優先順位としては、医療保険よりもガン保険で、国民病ともいえるガンには
十分な保険で備えてほしいと思います。
 
ガン保険は各社かなり特徴があって内容が違うので、良く比較検討することが大切です。
一時金が二年に一度何度でも出ると言っていても、その条件が各社微妙に違います。
私は全社約款を調べて確認しましたので、その違いが良く分かっています。
 
ガン保険の詳しい話を聞きたいという方は 0266-82-4710 まで電話を頂くか、
お問い合わせ>より連絡をください。
 
 

カテゴリー: ブログ,保険

タグ: , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから