FPが教える生命保険の考え方<必要保障額とは?>

 

 
多くの方が『無駄に生命保険はかけたくない。でも少なすぎるのも不安』という想いを抱かれています。
今日は無駄なく生命保険に加入する秘訣をお教えします。
 
生命保険とは、その名の通り自分の命と引き替えに保険金を受け取る保険です。
ここで間違ってほしくないのが、『生命保険の金額=命の価値(命の金額)』ではないということ。
 
生命保険の金額が命の額であるなら、到底数千万円なんて額な訳がないですし、
それこそ値を付けられるものではありません。
 
では生命保険の金額とは何を基準に導き出すのか。
それは『保険をかける人が亡くなることにより生まれる経済的損失』となります。
 
本来その方が生きていれば毎月30万円なり40万円なり給料を稼いでくるわけですが、
亡くなってしまうことでそういった収入が途絶えてしまいます。
 
もしパパがいなくなって毎月の生活費が15万足らないのであれば15万円の保険が必要ですし、
10万円足らないなら10万円の保険が必要となります。
 
その方がなくなっても経済的に困る方がいなければ、特に生命保険の必要性はありませんが、
扶養家族がいて残された家族が収入が途絶え経済的に困るということであれば、必要かもしれません。
 
ただその必要な金額というのも、家族構成や年齢、生活環境によっては大きく変わり、
上の図の様に大きい保障が必要なこともあれば、小さい保障で十分なこともあります。
 
ちなみに私にかかっている生命保険はわずか400万円で、お葬式費用に少し毛が生えた程度の金額です。
これは現状扶養している家族がいませんし、私が死亡することで住宅ローンもなくなってしまうことと、
今のところ共働きなので、妻は独身生活に戻るだけだからです。
むしろ住居費がかからなくなるだけ生活は楽になるかも知れませんね(笑)
 
今後子供ができたらもっと高額な保障が必要となりますが、それもずっと必要ではなく、
目処としては子供が社会人になる頃まであれば十分と言えます。
 
保険は適時見直しが必要であり、一番まずいのは『入りっぱなしで放置』です。
車の1年点検の様に、少なくとも一年に一度は点検作業が必要です。
 
1年前と比べて大きな変化がなければそのまま継続。
家族が増えた・仕事を代わった・住宅を建てたなどの環境の変化があれば、それに合わせて変更をしていく。
そういった作業をしていけば、大きなズレを作らず継続が可能です。
 
保険に加入したままそのまま放置しているという方は、ぜひこの機会にタンスから証券を引っ張り出し、
どんな内容だったか見てみてください。
 
担当者が分からない、中立なFP(ファイナンシャルプランナー)に意見を求めたいという方は、
電話 0266-82-4710 か<お問い合わせ>より連絡を頂ければ、ご相談をお受け致します。
 
 

カテゴリー: ブログ,保険

タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから