5,000万円超の海外資産についての申告義務

 
kaifp-satsutaba
 
本年より、5,000万円超の国外資産について国税への申告義務が発生します。
 
 
詳しい資料はこちらからダウンロード ⇒ 国税資料 

 
 
平成25年12月31日における国外資産の保有状況を記載して、
平成26年3月17日までに提出しなくてはいけません。
 
 
ただし、全ての日本人がという訳ではありません。
居住者(非永住者の方を除く)の方が対象となります。
日本国籍を保有していても、非居住者であれば対象外です。
 
 
国家財政の厳しい中、国外資産を把握して、
適正な課税をしたいというのが国税の考えでしょう。
 
 

こういったあぶり出し戦法を取らないといけないということは、
逆に言うと現段階ではまだ全ての国外資産を把握しきってないと
勘ぐってもしまいますが。。。  断定はできませんけどね。 
 
 
この申告を適切に行わなかった場合、各種罰則及び罰金が待っています。
1年以下の懲役、又は50万円以下の罰金となっています。
 
 
しかしまぁ、どんな法律にも抜け道はあるもので、
そこは工夫次第ですね。
 
 
公の場では言えることではないので、
詳しく知りたい方はお問い合わせください。
 
 

こちらをクリック ⇒ お問い合わせ先
 
 
 

カテゴリー: ブログ,金融全般

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから