高金利通貨での運用の注意点

 

 
高金利通貨での運用は非常に魅力的です。
 
人気のブラジルレアル債ですが、SBI証券の販売で8.15%の金利があります。
2年半で満期となるので、固定期間もそれほどは長くありません。
格付けもAAAあります。
この債券の高いリスクは別のところ、それは為替にあります。
 

 
このイメージ図はSBI証券の画像を持ってきたものですが、為替の変動がかなり大きいです。
 
2009年からの2年間の相場は、だいたい1レアル45円から55円の間を行ったり来たりですが、
間が10円もあるので、%にすると下からは22%、上からは19%もの変動幅があります。
最悪20%ほどの変動を覚悟し、平均値で買ったとしても10%程度の変動は覚悟がいるでしょう。
 
冒頭8.15%の金利があるという話をしましたが、その金利以上に円高が進めば、
利息分はキレイに吹っ飛び、元本を割る可能性があります。
 
SBIの広告もうまいなと思ったのですが、上記の図で
『外国債券の場合、為替差益を得るチャンスももございます!』とうたってあります。
差益があれば、差損も当然発生し得ます。
 
これだけ見ると、殖えるチャンスだけがある様に思えてしまうのですが、ちゃんと下の私が緑で囲ったところには
『投資元本を割ってしまう可能性があります』と記載があります。
 
見落としてはいけない文言ですね。
金融商品を購入する場合は、ご自身が取れるリスクを見極めたうえで投資を行ってください。
 
投資の世界では、元本を割ってもその全責任は自分で負うことになります。
知らなかったでは済まされません。
 
よく勉強をしたうえで投資を行うか、投資や運用に強いFPに相談をして、失敗のない投資を行ってください。
 
 

カテゴリー: ブログ,金融全般

タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから