食料が買えなくなる日

 

 
食料品の価格が高騰しています。
2010年6月~12月の半年だけで
 
小麦・・・75%上昇
トウモロコシ・・・73%上昇
コーヒー豆・・・48%上昇
コメ・・・17%上昇
 
となっています。
最近もコーヒーチェーンがコーヒーの値上げをしたニュースやってましたが、
10円20円の値上げで済んでるのも円高のおかげです。
 
1ドル120円や130円なんかの円安であれば、もっと値上げしているはずです。
 

ちょっと見づらいかも知れませんが、先進国の食料自給率です。
一番下の薄い青色が日本で、最低の40%です。
食料品の半分以上を輸入に頼っているということです。
 
これが何を意味するか、つまりは為替の影響を受けやすいということです。
円高なら安く輸入できるのでいいですが、円安に振れれば食料品価格の更なる値上げにつながります。
もし仮に1ドル200円や300円になったりしたら、輸入している食料品はいったいいくらになるでしょうね?
 
お金を円だけで持っていても、為替の影響を受けるという事例です。
外貨を持つことはリスクがあって怖い・・・ というあなた、日本円だけでお金をもっておくこともリスクですよ。
 
 

カテゴリー: ブログ,金融全般

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから