遅すぎた為替介入


 
震災直後の為替介入に続いて二度目の介入が行われました。
ようやくか・・・ というのが個人的な感想です。
 
介入から1日経たずに3円も戻し、久々に80円台を見ました。
1日で3円も動くというのはかなりの値動きで、FXやってる人には大儲けした人と
大損した人と両方いることでしょう。
 
しかしこの円高は外部環境(特にアメリカ)によるところが大きく、
どこまで介入の影響が続くが不透明です。
 
実際前回の介入の影響は1ヶ月経たないうちにはげ落ち、
結局ドルが売られ円が買われるという状況に。
 
世界を相手に日本一国でどこまで戦えるか(円を売れるか)が勝負でしょう。
 
介入の2回ともが77円を割ったところで行われたので、
市場には強いメッセージとなったことと思います。
 
 

カテゴリー: ブログ,金融全般

タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから