生命保険料値下げへ<来年4月以降、運用利率の規制改定>

 

 

金融庁は、生命保険会社が新規の契約者に対し保険料を安くできるように、
運用利回りに関する規制を改める方針を固めました。

 

現在の規制で保険料が今春から値上がりすることが決まり、
このままでは消費者の『生保離れ』を招きかねないのが理由の様です。
来年4月以降は、保険料が現在と比べても安くなるかも知れません。

 
金融庁が規制を改めるのは、生保各社が保険料を決めるときの目安として使う『標準利率』。
今は10年満期の国債の金利を元にして金融庁が決めています。

 

現在の標準利率は1.5%%ですが、超低金利が続いているため、金融庁は今年4月から1%に下げます。
生命保険会社にしてみると、将来の保険金の支払いに備えて積み立てる額が増え、
保険料を上げなくてはいけません。
そのため、生保各社は今年4月、最大1割の値上げの予定です。

 

保険セールスに『早く入らないと値上がるよ!』と営業されるかも知れませんが、
さっそく来年には下がる可能性が出て来ました。

 

それ以上、値上がるから入るのではなく、本当に自分に必要か否かで加入検討するのが先です。
ライフプランに合った内容かを良く考え検討してください。

 

 

カテゴリー: ブログ,保険

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから