生命保険の基礎、保険は難しくない<終身保険>

 

 
これまで第一部で定期保険第二部で養老保険について話をしてきました。
本日は第三部として終身保険について話をしていきます。
 
終身保険は字が現すごとく “身が終わるまで” つまり一生涯続く保険となります。
定期保険も養老保険も期間が○○年や○○歳までと決まっていて、
満期が来ると契約は終了してしまいます。
 
しかし中には期間を区切ることなく保障が必要な方もいるわけで、
その方には終身保険がぴったりきます。
 
30歳男性がそれぞれ1,000万円の保険に加入した場合
 
定期保険 ・・・ 月々3,800円
養老保険 ・・・ 月々26,240円
 
となりました。
 
これに加えて終身保険がいくらになるかというと、
支払いが60歳までという場合で月々20,350円となります。(東京海上日動あんしん生命での計算)
定期保険よりは高く、養老保険よりは安くなります。
 
終身保険の特徴として、かけ捨てでないことと、保障が一生涯続くことの2点になります。
 
例えばお葬式費用を捻出するために保険をかけておきたいという場合、
定期保険や養老保険ではなく、終身保険が最も適しています。
 
人はいつか必ず亡くなりますが、それがいつやってくるか分からないからです。
いつやってくるか分からないのに、10年間だけとか、60歳までとか期限を切ることは目的に合っていません。
 
ですので、お葬式費用の準備としては、終身保険で準備しておくのが良いでしょう。
ちなみに一般的に葬儀代は200~300万円と言われています。
 
もう一つのかけ捨てではないという特徴のところで、実はかなり率が良かったりもします。
先ほどの計算で保障が1,000万円という終身保険の月々の保険料は20,350円となり、
60歳までの総支払い額は約732万円となります。
 
もし払込が終わると同時に解約をしたらいくら貯まっているのかと言いますと、
740万円と払った以上に戻ってきます。
 
終身保険の場合は老保険の様に満期がないので、置いておけば置いておくほど、
この解約金は増えていきます。
 
70歳まで置いて解約したとすると823万円も戻ってくるので、
払った金額におよそ90万円もプラスされたことになります。
 
この終身保険を使って、本来お葬式費用なら200~300万円で十分なところを、
老後の生活資金分も貯めておくという発想で、多めに1,000万円とか準備される方もいます。
 
そうすればかなり大きな金額が貯まりますからね。
 
そして最近人気なのが、60歳までの支払い期間は解約金を低く抑えた
『低解約型終身保険』というタイプのものになります。
計算に使っている東京海上日動あんしん生命だと『長割終身』と呼ばれる保険です。
 
これですと同じ1,000万円の保障が月々17,560円と、3,000円近くも安くなります。
それでいて解約金は先ほどの普通の終身保険と同じなので、戻り率はかなり良くなりますね。
 
長割終身だと支払総額は632万円となり、普通の終身保険に比べ100万円近く安くなります。
途中の解約での戻りは普通のタイプに比べ70%近く下がるのでその分リスクはあるのですが、
長く続けた場合には戻り率はかなり良くなります。
 
以上が終身保険の仕組みとなります。
更に突っ込んだことが聞きたいという方は電話がお問い合わせフォームよりご連絡ください。
 
連絡先:0266-82-4710
お問い合わせ:
http://www.kai-fp.com/contact
 
明日はいよいよ最後になります。
日本人が最も多く加入している『定期保険特約付終身保険』を見ていきましょう。
 
 

カテゴリー: ブログ,保険

タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから