武田薬品工業、スイスの製薬会社を買収

 

 
国内最大手の製薬会社『武田薬品工業』が、スイスの製薬会社を買収しました。
 
武田薬品工業は1日、スイスの製薬大手ナイコメッドの買収が完了し、完全子会社化したと発表。
ナイコメッドの全株式を約1兆1,000億円で取得、社長には武田の米欧販売統括職の
フランク・モリッヒ取締役(57)が同日付で就任となりました。
 
買収で、米国や西欧中心に28ヶ国だった武田の海外拠点は東欧や中南米、
アジアなど新興国に広がり、一挙に約70カ国に。
医療用医薬品の売上高は世界16位から12位に浮上します。
 
歴史的な円高が続く状況で、こういった円高活用はどんどんやるべきだと思います。
現状を悲観していても始まりません。
環境にあわせて変化をして生き残るか、それとも廃っていくか。
変化力が求められていると思います。
 
 

カテゴリー: ブログ,金融全般

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから