最も安い定期保険と割高な定期保険

 

 
ネコもびっくり!
 
保険会社によってこんなに保険料が違うなんて・・・。
情報公開第一弾です。
 
定期保険と呼ばれる死亡保険があります。
満期まで無事生きていれば特に戻ってくるものもなく、かけ捨てで終わるというやつです。
 
条件を【30歳・男性・保障2,000万円】で調べてみました。
上位3社と下位2社を載せます。
一応一通り調べましたが、これ以上・以下があったら連絡ください。
 
1位・・・アリコジャパン、2,280円(非喫煙優良体)
2位・・・ネクスティア生命、2,360円
3位・・・ライフネット生命、2,406円
4位・・・日本生命、5,400円
5位・・・明治安田生命、5,760円
 
なんてことでしょう。
最も高い保険会社は、最も安い保険会社の2.5倍もします。
これを知っても高い方を選びますか?
保障の内容は同じですよ?
 
タバコを吸わない健康な方であれば、アリコジャパンが一番安いということになります。
タバコを吸っていたり、ちょっと健康の基準から外れるという方は、ネクスティア生命が安くなります。
条件によってはネット系保険会社が一番とは限らないってことですね。
 
気をつけて頂きたいのは、必ずしもどの年齢や金額でもアリコジャパンが一番安いとは限らないということです。
年齢や金額等の条件によっては違う可能性もあるので、上記の結果だけで判断しないでください。
 
と、ここまで話しておきながら、正直この定期保険を提案で設計する場面はまずないです。
今の死亡保障の主流は毎月受け取れる保険『収入保障保険』がメインですから。 
 
次回は収入保障保険の違いを公開します。
 
 

カテゴリー: ブログ,保険

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから