日本銀行の株主

 

 
日本銀行、日銀は様々な役割があります。
紙幣を発行したり、銀行にお金を貸し出したり、政策金利を決定したり。
 
ところでこの日銀、皆さん政府の機関と思ってました?
100%政府のものではありません。
半官半民です。
 
日銀の株式の55%は政府が所有してますが、残り45%は民間が所有しています。
この残り45%ですが、情報が非公開となっているため詳細は分かりません。
いろいろと噂はありますが・・・。
興味のある方は検索してみてください。
 
分かる範囲で記載すれば、2010年の時点で
・個人     35.9%
・金融機関   2.4%
・公共団体等 0.2%
・その他法人 6.5%

 
となっています。
出資者は経営に参画することはできませんが、
出資額に対して年5%以内の配当を受け取ることができます。
 
つまり非公開の個人や団体が通貨の発行から利益を得ていることになります。
なんとも不思議な話です。
早い話が “ビジネス” として通貨の発行・管理を行っている誰かがいるということです。
 
ちなみに日銀は上場もしていて、コード:8301で株価を見ることも出来ます。
今日はちょっと謎めいた話をしました。
 
 

カテゴリー: ブログ,金融全般

タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから