地銀初のネット銀行開業へ<みんなの銀行>

面白い名前にしましたねー。
みんなの銀行ですか。
じぶん銀行があったり、みんなの銀行があったり・・・(笑)

福岡銀行など地方銀行4行を傘下に置く「ふくおかフィナンシャルグループ」が、
2020年度にもインターネット銀行を新たに開業させる方針を固めました。

新銀行の名称は「みんなの銀行」を予定しています。
ネット銀行の新設は小売業では目立っていますが、地銀では初めてのことです。

いよいよリアル店舗型の銀行も、ネット銀行に参入してきました。
個人的には遅いくらいと思っていますが。

私がメインで使っている銀行は、インターネット銀行です。

・住信SBIネット銀行
・楽天銀行
・ソニー銀行
・新生銀行(一部店舗あり)

ネットで送金ができ、コンビニATMや
ゆうちょATMが使えるので入出金も困りません。

ATM手数料は一定回数まで無料なうえに
振込手数料も一定回数まで無料だったりします。
金利も僅か(日本なので知れてますが)高い。

何も困らないどころか、メリットだらけ。
事業融資を受けるとなるとネット銀行は弱い点がありますが、
それが関係するのは一部の法人と個人事業主のみです。
住宅ローンはネット銀行でも扱っていますしね。

リアル店舗型の銀行は、低金利で稼ぎにくくなっていて
業態転換を図らないと生き残りが厳しいでしょうね。
海外展開している都市銀行はまだいいでしょうけど。

少子化・低金利で、固定費の削減や
規模の縮小がさらに進む金融業界だと思います。

甲斐FP事務所では、お得な銀行情報の提供も行っています。
ご相談の依頼はこちらよりお願いします。
⇒ お問い合わせはこちら http://www.kai-fp.com/contact?click=1

カテゴリー: ブログ,金融全般

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから