原油価格が220ドルまで上昇!?

 

 
石油精製品は数多くあります。
ガソリン・灯油・軽油・潤滑油・アスファルトなど。
 
その大元になるのが原油です。
ご存じ油田から出てくるやつです。
 
ニューヨーク商業取引所でこの原油の価格の元の先物相場が決まってるのですが、
今の北アフリカや中東情勢の混迷が原因でますます上がっていくと見られています。
 
2008年過去最高値の147ドルをつけてその後37ドルまで暴落したのですが、
再び100ドルを超え値上がりを続けています。
 
2008年、ガソリンが1Lあたり180円とかしたのを覚えてますか?
あれが再来しないとも限りません。
 
野村ホールディングスのレポートによると、この相場価格が
220ドルまでいく可能性があるなどということも言っています。
 
今から更に倍の価格ですね・・・。
そうなるとガソリンが1Lあたり250円とかするのかな?
おいそれとドライブにも行けたもんじゃないですね。
 
一刻も早く情勢が落ち着き、価格が安定することを希望します。
 
 

カテゴリー: ブログ,金融全般

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから