保険業界の再編

 

 
この10月で、幾つかの保険会社が合併します。
 
『損保ジャパンひまわり生命』『日本興亜生命』が合併し『NKSJひまわり生命』となります。
元の会社が分かりにくい名称ですね。
 
現在ひまわり生命と日本興亜生命はNKSJホールディングスという持ち株会社の傘下であり、
その持ち株会社の頭文字を取った社名となります。
 
ちなみにNKSJの意味は『NK:日本興亜 SJ:損害保険ジャパン』です。
合併合併の集大成です(笑)
 
そして他にもあります。
『三井住友海上きらめき生命』『あいおい生命』が合併し『三井住友あいおい生命』となります。
こちらはまだ何とか分かりますね。
 
この元の2社も現在は『MS&ADホールディングス』という持ち株会社の傘下であり、
ゆくゆくは親会社の三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保も合併するでしょう。
 
保険会社の再編が進み大型化に拍車がかかってます。
もはや保険会社のマーケットは日本だけではありません。
世界で戦っていくためには、規模の拡大もして、世界の名だたる保険会社と競争をしていく必要があります。
しかしながら、どこまでも良質なお客様サービスを追求する合併であってほしいと思います。
 
 

カテゴリー: ブログ,保険

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから