保険商品の流通の変化<ネット販路の拡大へ>

 

 
3月15日に東証マザーズに上場し、ネット専業生保として初の株式公開を果たした
ライフネット生命保険は、図の様に順調に契約件数を伸ばしております。
業績アップに苦しんでいる保険会社にしてみれば、羨ましい伸び率でしょう。
 
甲斐FP事務所ではライフネット生命の取り扱いをしている訳ではありませんが、
ネットを介した保険の加入形態には今後の発展を期待しています。
 
保険商品も、形こそはなけれども、商品流通の一つだと思っています。
生活用品が 小売店⇒スーパーマーケット⇒大型スーパー⇒コンビニ と、
その流通経路が変化してきた様に、保険も流通経路は変化していくものと考えます。
 
電化製品をとってみてもそうでしょう。
昔は町の電気屋さんが主流だったのに、今は大型量販店が主流です。
そしてその他ではネット通販を使うなど、二極化が進んでいます。
 
保険の流通も同じ様に変化していくと見れば、ライフネット生命に始まるネット販売か、
私の様な数十社の取り扱いができる、いわば電化製品の量販店の様な立場の二極化だと思います。
 
この大きな流れは止められないでしょう。
それが消費者のニーズですから。
時流と言ってもいいかも知れません。
 
お客様にとってより良い形へと変化していくことを願って止みません。
 
 

カテゴリー: ブログ,保険

タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから