何のために保険に入るの?<目的ではなく手段>

 

 
皆さん、保険はお好きですか?
好きか嫌いかと聞かれれば、どちらかと言えば嫌いの方が多くなる気がします。
 
私自身保険は好きです。
が、必要以上にかけることはしません。
 
それはお客様に対しても同じです。
必要と思われる以上の金額をご提案することはしません。
 
それをしてしまっては、上手に使えば有効に働く保険という手段が、
逆にその人に負担を強いてしまうことになるからです。
 
保険の相談依頼を受ける際に、やたらと『安さ』だけを求めてこられる方がいます。
もちろんこのご時世、そういったニーズが多く、それに応えるのもプロとしての仕事だと思っています。
 
ですが、保険に入る第一の優先事項は果たして『安さ』でしょうか?
本当に安さだけを考えるなら、そもそも保険には何も入らないのが『最も安い』選択肢となります。
 
そういった方に問いかける言葉があります。
『何のために保険に入るのですか?』と。
 
安いだけの保険ならいくらでも設計は可能です。
どこの誰よりも、安いものを設計する自信もありますよ。
 
しかし、安さだけを求めると『安物買いの銭失い』になりかねません。
最も大切なことは、『もしもの時にきちんと役に立つ保険かどうか』ではないでしょうか。
  
目的が曖昧なままに保険加入をしてしまうと、やがて時が経った時に、
『あれ?何のために毎月この保険料払ってるんだろう?』ということになりかねません。
いくら安くても、目的観なく加入するとこうなってしまいます。
 
ただでさえ形がないものにお金を支払っているのに、目的が曖昧だと、
なおさら必要性に???マークが付いてしまいます。
 
私が保険相談で最も重きを置くところがこの『保険加入の目的』です。
ここを見失ってしまっては、加入する意味も継続する意味もなくなります。
私の保険相談を受けられた方は、必ずこの部分を細かく尋ねられていると思います。
 
もし特段の目的を考えずに保険加入をしてしまった方は、今一度この部分を考えてみてください。
『誰のために』『何のために』『何故』保険の加入が必要なのかを。
 
その上で本当に備えておきたいことに優先順位をつけ、
いろんなことを工夫しながら予算の希望もかなう様設計を行います。
そこはプロフェッショナルとしてお任せください。
 
ファイナンシャルプランナーに保険相談をしてみたいという方は、
0266-82-4710 までお電話頂くか、<お問い合わせ>よりご連絡ください。
 
 

カテゴリー: ブログ,保険

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから