伊那市での植松努さん講演会

 

 
先週、伊那市のかんてんぱぱ・伊那食品のくぬぎの杜という会場で
植松努さんの講演会が行われました。
 
以前友人から講演会のCDをもらいタイミングが合えば直接聞いてみたいと思っていたので、
わくわくして参加しました。
 
結果は、もう感無量!
行ってよかった!
 
仕事の面でもプライベートの面でも役立つ考え方や知識を頂き、とても勉強になりました。
 
講師の植松さんは、北海道で植松電機という会社を経営されております。
元はモーターのメンテナンスを仕事としていた会社で、工業用マグネットの開発から、
現在ではなんとロケット開発を行っています!
 
アメリカのNASA(米国航空宇宙局)や、日本のJAXA(宇宙航空研究開発機構)などから
仕事もくるくらいで、世界ではドイツと植松さんの会社にしか存在しない装置もあるそうです。
 
植松さんは幾たびもの失敗・成功を繰り返しながら今日に至っています。
講演会の中での学びで良かったことを載せます。
 
・この世界は誰かが諦め方を教えている
・『なんで失敗したの!』ではなく『だったらこうしてみたら?』と接する
・できそうだからやるの?それともやりたいからやる?
・やってみたいことを追い求めた時に人は成長できる
・やりたいことはやったことがある人から学べばできる
・『教えてもらわないとできない』は言い訳。学べばできる
・能力は経験でしか身につかない
・暇をつぶすのではなく、暇があったら学ぶ
『特別』だと世の中から必要とされ、『普通』だと値切られる
・人に教えてもらえるのは過去のことだけ。未来や世界初は失敗しながら切り拓く
・中途半端だって『何もしない』よりは遙かにまし
・『思い描くこと』ができればそれは実現できる
教育とは死に至らない失敗を安全にさせるもの
・子供が自分で調べることを援助する
 
全体を通して感じたのは、“学ぶことの大切さ” だった様に感じます。
学んで挑戦して、失敗して経験して、また成長して夢を掴む。
 
自己実現の王道であると思います。
そして誰もが知っていながらも、誰もがやれないのが事実だと思います。
 
私もとにかく時間があれば、本を読みネットで情報収集をするという毎日で、とにかく学び続けています。
それは一重に “夢を掴む” ためであり、頼って頂ける方々のお役に立ちたいという想いからです。
 
学ばなければ成長できません。
成長しなければ人様への貢献などできません。
そして夢も叶えられません。
 
植松さんの言われることの多くに共感を覚えると共に、自分自身を再評価する良い時間となりました。
 
 

カテゴリー: ブログ

タグ: , , ,

“伊那市での植松努さん講演会” への1件のコメント

  1. 植松勤 より:

    伊那までありがとうございました。山梨でも開催です。

    思うは招く ~夢があればなんでもできる~」
    をテーマに講演会を開催します!

     山梨県、(社)山梨県機械電子工業会、やまなし ものづくり教育ネットワークの
    主催により講演会を開催します。
    リニア実験線の先頭車両の設計にも携わり、青年版国民栄誉賞「人間力大賞グラン
    プリ」を受賞した(株)植松電機の植松努氏をお迎えし、人の可能性を奪う言葉である
    「どうせ無理」をなくし、夢をあきらめないことの大切さを伝える講演会を開催
    します。

    日 時:平成23年4月23日(土) 午後2時~
    場 所:山梨県立 文学館 講堂
    講 師:(株)植松電機 専務取締役 植松努氏
    演 題:「思うは招く ~夢があればなんでもできる~」
    参加費:無 料
    申込先:(社)山梨県機械電子工業会 事務局 石川
          TEL 055-243-4380
          FAX 055-243-4380
          E-mail h-ishikawa@yiso.or.jp

    ※事前のお申し込みにご協力ください。
     当日、会場でのお申し込みによる参加も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから