事実は一つ、解釈は無数

お店を経営している友人の所へお邪魔しました。
そこで話題になったこと。。。

コップに半分の水が入っていて『半分しか入っていない』と思うのか、
それとも『半分も入っている』と思うのか。

自分の捉え方次第では全然違う発想になるという話をしました。
まったくもってその通りだと思います。

好きな言葉に『事実は一つ、解釈は無数』というのがあります。

一つの事実に対して、それをどの様に受け止め解釈するかは自由です。
ポジティブに受け止めるのかネガティブに受け止めるのか、選択は自由です。

起きた事実は我々のコントロール下にはありませんが、
どの様に考え次の行動を選択していくか、これは私たち次第です。

目的・目標に対して真っ直ぐ向き合っているのかどうか。
これを基軸に判断・選択をしていくならば、時間はかかろうとも
必ずゴールに向かっていくことと思います。

友人と話しをしてそんなことを思いました。

カテゴリー: ブログ

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから