プロフェッショナルの仕事への姿勢

 

 
年明けから泊まりでの主張が多く、ブログが飛び飛びになってしまいました。
今週も3泊4日で愛知へ出張し、お客様とお会いしてきました。
 
名古屋滞在中『神保彰さん』のワンマンコンサートへ行ってきました。
1/2にテレビで放映された『世界一のSHOW TIME』という番組に出演されたの方で、
ドラムだけでオーケストラの演奏ができてしまうという音楽家です。
 
1/2の放映でいいなと思っていたらコンサートツアーをやるというのを知ったので、
早速チケットを取り行ってきました。
 
テレビでも良い演奏でしたが、当然生演奏はそれ以上の感動で、あっという間の2時間でした。
演奏中は終始笑顔で、心底演奏を楽しんでいるんだなという印象を受けました。
 
かなりハードな演奏で、体力的にはきつい面もあろうかと思います。
練習も決して楽なことではないと思います。
 
それでもやれるのは、こういった舞台で観客に喜んでもらえるというゴールに向かうからこそ
日々の積み上げも出来るのかなと、演奏を聴きながら考えました。
 
私もFPの仕事はとても楽しく、やりがいを感じながら日々活動しています。
そして当然のごとく、日々の学習・研鑽は楽なことではなく地道な積み上げです。
 
それでも喜びを持ってやれるのは、その苦しみの向こう側にある楽しさを知っているからでしょうか。
自分の学び・経験したことで人様のお役に立て、喜んでもらえることが何より嬉しいことです。
その喜びがあるからこそ、日々の積み上げも苦しいことではなく、楽しいことに変わります。
 
神保さんの演奏を、そういった想像をしながら聴いていました。
 
 

カテゴリー: ブログ

タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから