ビットコイン破綻処理  480億円の行方は・・・

 
 
kaifp-bitcoin
 
 
ビットコイン情報の続きです。
最大手の取引業者である『Mt.Gox(マウントゴックス)』社が民事再生の手続きに入りました。
いわゆる破綻処理です。
 
 
さて、注目されているのはお金の行く末はもちろんのこと
公的な保証が受けられるのかどうかです。
 
 
現在のところビットコインを規制する法律がありません。
『通貨』ではないので財務省は動けず
『金融商品』ではないので金融庁も動けず
『電子マネー』でもないので経産省も動けずと
各種規制の狭間に落ちている様です。
 
 
これが預金なら預金保護制度で1,000万限度に保護
証券なら投資者保護基金によってやはり1,000万限度に政府保証が受けられます。
 
 

本来なら、この『どの権力の影響も受けない』ことが売りのビットコインですが
いざこういった場面に遭遇すると何の保護も受けることができないという脆い面があらわになりました。
 
 
物事には両方の側面があるので今回の一件で即ビットコインが駄目という結論も安直かと思いますが
当面はこのリスクを承知のうえでビットコインの取引をする必要がありそうです。
 
 
 

カテゴリー: ブログ,金融全般

タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから