ガンを切らずに治す最先端治療『先進医療』

 

 
少し前までは高度先進医療と呼ばれていた治療、
先進医療ですが、ものすごく優れた治療方法です。
 
厚生労働省の認可で123種類が認定されていて、技術料に関しては健康保険がきかず、
自腹での治療となります。
 
中でも高額な治療は重粒子線治療・陽子線治療といった、ガンの治療です。
およそ300万円の治療費がかかります。
 
金額がはるだけに効果は優れていて、ガンによっては100%に近い確率で治るようです。
部位や進行度合でも違ってくるので詳しくは検査を受けないと分かりませんが、診てもらう価値はありそうです。
ちなみにある私のお客様は、前立腺ガンだったのが重粒子線治療を受け完治しました。
 
過去に放射線治療をしていると受けられないことがあるので、ガンと分かった時点でセカンドオピニオンを使って
設備のある施設で診てもらうのが良いでしょう。
 
私の住むここ長野県松本市でも新たに陽子線治療を導入する病院があります。
相澤病院という病院なのですが、以前から設備には投資をする病院でして、
今回の導入を聞いた時には『よくやってくれた!』と思いました。
 
優れた治療が近場で受けられるのは非常に有り難く、これから先進医療の認知度も更に上がるかと思います。
平成25年6月の稼働を目指していますが、平成24年の夏くらいからは臨床試験を行い、正式稼働に備える様です。
 
この臨床試験の場合はデータ取りという目的もあるので、先ほど話した300万円などの費用負担をせずに、
無料もしくはかなり格安で受けられるかと思います。
 
ちなみにこの先進医療の費用ですが、保険会社が出している新しい医療保険にはほぼ付けられるように
なっており、特約で先進医療の保障をつけておくと、300万円かかっても保険で支払ってくれます。
 
ガンになられてより良い治療を探されている方は、先進医療について調べてみることをお勧め致します。
 
 

カテゴリー: ブログ,保険

タグ: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから