ガソリン価格が上がれば下がる!?

 

 
こんな制度があるなんて、皆さん知ってました?
 
ガソリンの平均価格が3ヵ月連続で1リットル160円を超えると、
それをトリガー(引き金)として課税停止となり、25.1円が減税されます。
この25.1円というなんとも微妙な金額は、ガソリン税の暫定上乗せ分の金額です。
 
反対に3ヵ月連続で130円を下回った場合は元どおりになります。
160円から135円に自動的に下落し、さらに市場の影響で5円落ちれば再び150円台に値が戻る。
 
上がれば下がり、下がれば上がるというなんとも訳の分からんややこしい制度です。
 
この制度でガソリン価格が下がった場合、あまり喜んでもいられません。
本来なら国が取れる税金を取らない訳ですから、この財政危機の状態にはきつい制度です。
 
 

カテゴリー: ブログ,金融全般

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから