カナダ・ランドバンキング<海外の不動産投資>

 

 
不動産投資には、二つの投資パターンがあります。
一つは家賃収入(インカムゲイン)狙いの投資。
二つ目は値上がり益(キャピタルゲイン)狙いの投資。
REITは前者のインカムゲインで、ランドバンキングと呼ばれる投資手法は後者になります。
 
甲斐FP事務所では後者のランドバンキングのご紹介も行っており、
現在はカナダの物件を2つご紹介しております。
 
ランドバンキングとは、今後開発が見込まれる土地をあらかじめ購入しておき、
開発の認可がおりいよいよ開発に着手するという段階やいくらか開発が進んだ段階で、
開発業者(デベロッパー)に売却をする投資手法です。
 
投資期間としては概ね4~7年を予定しており、土地が倍の価格で売れるところで
欲をかかずに売ってしまうという仕組みになっています。
最低金額は10,000カナダドル(約83万円)からです。
 
価格が上昇することはほぼ確実なのですが、不確実なのは売却時期。
開発が遅れたり、なかなか不動産価格が上がらないとなると、償還時期も遅れます。
 
カナダは政治も経済も安定しており、資源も豊かで人口も右肩上がりで増えています。
世界で最も住みたい国ナンバーワンにも選ばれており、その様な国だからこそ、
不動産投資にはもってこいだとも言うことが出来ます。
 
余裕を見て10年近くは放置しておいて良いお金を、
時間をかけて熟成させるという場合には向いているかも知れません。
 
甲斐FP事務所ではポートフォリオの一つとしてご紹介をしておりますので、
興味を持たれた方は弊社までご連絡ください。
 
 
投資対象:ランドバンキング(カナダ)
最低金額:10,000カナダドル(約83万円)
投資期間:4年~7年
利回り:200%(倍)
 
 
【お問い合わせ先】
電話:0266-82-4710
フォーム:http://www.kai-fp.com/contact
 
 

カテゴリー: ブログ,金融全般

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから