みずほ銀行トラブル

 

 
みずほがとんでもないトラブルを起こしてくれました。
振込ができない、ATMが使えないなんて、銀行としての役割を全くもって機能していません。
 
38万件、4900億円もの決済が滞っていたとのことですが、あってはならないことです。
その決済一つで無効になった取引があるかも知れません。
大げさかもしれませんが、助かった命があるかも知れません。
 
しかし社会的インフラとしての意義が大きい銀行業務においては、
そういった責任がある業務だとの自覚で臨んでもらいたいと思います。
 
25日の給与振り込み日を控え、他行へ手続きを移すよう顧客への依頼をしたとのことですが、
これを機に多くの取引先を失うことでしょう。
 
いざ情勢が危なくなるとすぐに公的資金(税金)で救われる銀行。
お金を貸すにも担保を取ってでしか貸せない銀行(海外では担保なしでも貸します)
 
甘すぎるんでしょうね、体質が。
これまでは国内では大きい顔して生き残ってこられましたが、
すでに始まっている国際化の時代に生き残れるのでしょうか。
 
 

カテゴリー: ブログ,金融全般

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから