上田市での資産運用の相談<時間と金利を見方につける>

 

 
前回の記事>で、資産運用の相談をお受けし、まずは本を読むことをお薦めしました。
さっそくその方は本を購入され、オフショア投資に興味を持たれました。
オフショア投資とは?
 
読了後に連絡を頂き、オフショア投資について具体的に知りたいということで二度目の面談となりました。
 
なぜオフショア投資が運用面で有利なのか。
日本国内にお金を置いておくと、どういったリスクがあるのか。
 
そういったことを様々情報をお伝えさせて頂きました。
 
職業柄20代~70代までいろんな世代の方とお話をさせて頂きますが、
年代別の特徴といったものを感じます。
 
20代・・・国や会社を信用していない。自分の未来は自分で何とかしようという意識が強い。
     海外投資や外貨にもあまり抵抗がない。
 
30代・・・20代と同じく自助努力の意識が強い。海外投資や外貨にも興味あり。
     この年代から徐々に老後への意識も高まってくる。
 
40代・・・国や会社はあてにしていないが、具体的な行動に移す方が少なくなってくる。
     攻めに出ようという気持ちが段々と薄れてくるのか、どちらかというと守りに入りがち。
     子供がいると特に生活は子供中心に。
 
50代・・・子育て中か否かでかなり違ってくる。子育てが終わっていれば、かなりゆとりあり。
     金銭的にもゆとりがあり、自分たちの老後の資金作りの仕上げに入る。
 
60代・・・収入が限定的になり、手持ちの資産をどう置いておくかに興味ある。
     過去の高い金利を経験しているので殖やすことには関心があるが、リスクは取りたくない。
     国はある程度信用しており、財政破綻などはないと考える(傾向がある)。
 
70代・・・病気や相続をリアルに感じ始める。当然のことながらお金の面では保守的。
 
もちろん皆が皆こういった状況や考えではないですが、比較的多いなと感じることを列記してみました。
皆さんも心当たり合ったりしますか?(笑)
 
それぞれの世代に、それぞれの悩みがあります。
もっと言えば、個人個人悩み事や心配事、希望することが違います。
 
個人個人にきめ細やかに対応させて頂くのがファイナンシャルプランナーの使命です。
どんなご相談にも全力で対応させて頂きますので、気軽にお問い合わせください。
 
電話 0266-82-4710 か、<お問い合わせ>よりご連絡くださいませ。
 
 

カテゴリー: オフショア金融,ブログ,金融全般

タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから