オフショア生保年金プラン

こんばんは。
今日は長野市でオフショア生保の取り扱いについてプレゼンをしてました。

保険代理店をされている方々4名を前にプレゼンをし、
なぜ今必要とされている商品なのか、どう保険の仕事に結びつくのかを
話をさせて頂きました。

短い時間に多くの情報量でしたが、さすが日頃から触れている世界なだけに、
理解されるスピードが早いことを実感しました。

これを機にビジネスとして共に取り組みができると嬉しく思います。

さて、度々 “オフショア” という言葉を使っているのですが、
どういう意味かというと、運用益に税金がかからない、もしくは
かかっても非常に安い税金の地域や金融機関を指します。
別の言い方だと ”タックスヘイブン” という言葉も使います。

運用益に税金がかからないので複利効果が高く、
投資家はより大きなリターン(利益)を得ることが可能となります。

お金には国境はありません。

その時代にあって税金面で有利な地域・金融機関でお金の運用をするのは、
非常に賢い選択だと思います。

こういった情報に触れてみたいという方は、気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: オフショア金融

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールでのお問合せはこちらから